データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 アンヴィクタ スドン15
Homeスポンサー広告薪ストーブ>アンヴィクタ スドン15

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンヴィクタ スドン15

2012.12.03 Mon

遂に我が家に、薪ストーブが設置されました。


お世話になっているのは、フランクリンストーブワークスさん
フランクリンストーブワークス1





ウチの薪ストーブ選び。

いろいろ迷いましたが、最終的に選んだのは、
アンヴィクタ社スドン15
薪ストーブ121201-1
Invicta sedan15


INVICTAのメーカーロゴ
薪ストーブ121201-2

カッチョエエ~ッ!!


鋳物の重厚な質感
薪ストーブ121201-3

このカドが...。

このカドが!!






フロントドアのハンドル
薪ストーブ121201-4

ここも鋳物です。

鋳物のザラザラ感が、また無骨でカッコイイです。




この薪ストーブは、
大きなフロントドアがポイント。
薪ストーブ121201-5

10インチのダッチオーブンが余裕で入りそうですね。

窓が大きいので、ストーブの炎もバッチリ見えます。





空気を調節するレバーは控えめサイズ。
薪ストーブ121201-6

これが、上下に1つずつあって、
上は2次燃焼の空気で、下が1次燃焼の空気。

レバーを操作する時に火傷しないように、
真ん中の穴に差し込んで使う金具もついてます。
(下の写真の灰受けトレイに入ってるヤツ)




灰を受けるトレイは、こんな感じ。
薪ストーブ121201-7




スカイツリーかよっ!!
ってアングルで撮ってみた。
薪ストーブ121201-8

予想以上にイイ写真が撮れた♪




せっかくだから、完成見学会の時に炊きたいなぁ。




待ちに待った薪ストーブ。
早く炊いてみたいですねぇ。

「早く炊けるといいね!!」っつって
↓ポチッ応援のクリックお願いしま~す。m(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

コメント

*

おおっ!でか!これなら12インチのダッチオーブンもいけますよ。
灰受けも大きいし、正面ガラスが大きいので、炎の鑑賞に最適ですね。
ヨーロッパの薪ストーブはシンプルデザインですが、そこがいいです。我が家の今夜のメニューはコナラ、欅、パーシモンを焚いてます。

*>Dさん

12インチのダッチオーブンも行けますか!
試してみよ~っと。

Dさんちでは、広葉樹がメインですか?
いいですね~。
うちは、しばらくは我が家の建築端材ですね。
杉ばかりだから、すぐになくなっちゃうかも~っ。

*

下の一次燃焼、上の二次燃焼、煙突ダンパー、ストレートな二重煙突と我が家の愛機と仕組み、使用は同じです。空気の微調整に最適です。スドンは天板はもちろん、炉内料理もいけますね!うちの愛機は少し小さいので、12インチはギリギリセーフでした。我が家もチルチンびとの自然素材の家なので、建築残材が売るほど余ってます(笑)主に焚き付けの時と、火に元気を出して欲しい時にバーナーの役割で補助的に使用してます。今年は梨の木は使わないのですか?梨もいい薪です。
うちは針葉樹も焚いてます。
温度を上げるには必須アイテムだと思います。新聞紙等を使わなくても檜の枝、葉、杉っ葉は天然の着火剤だと思います。もの凄い勢いで火が燃え上がります。スドンにはフランス産ワインが似合いますね。
火入れ式が楽しみです。美しい梁と木組み、漆喰の白壁、薪ストーブと煙突にしびれました。

*>Dさん

Dさん、さすがに詳しいですね~。
とても参考になります。

梨や林檎の薪もあるので、
針葉樹とのミックスになると思います。

端材のほとんどは、細かい切れ端なので、
やっぱり焚き付けに端材を使って、
本格的には、梨や林檎の薪になるんだと思います。

また色々と教えてください。
よろしくお願いします!

*

わぁ~~、すっごくカッコイイ!
男前な、ただずまいですねぇ。

スカイツリー的アングルの写真も、いいわぁ。
火が入るのが、楽しみですね!

*>かるがも母さん

ゴツくてカッコいいですよね♪
本物を見て、ますます気に入ってしまいました。

スカイツリー的なアングルは、
なかなかナイスな写真になったので、
とても気に入ってます。

早く火を入れたいよ~っ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/649-ec861dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。