データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 和室(平面図)
Homeスポンサー広告和室・子供部屋>和室(平面図)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和室(平面図)

2011.02.09 Wed

ウチの和室です。

和室

我が家の和室は、寝室(上の部屋)とつながってます。
普段は引き戸間仕切りを開けて、寝室とつなげて1室にしておく予定です。



この和室は書斎を兼ねますので、出窓部分には作りつけの机を設置してもらいます。

嫁さんが家に仕事を持ち帰ってきたら、ここで仕事ができるようにしてもらいました。
隣が寝室なので、疲れたらすぐに寝られます。

机の上には、戸棚を付けてもらって、
参考書などを収納できるようにしてもらう予定です。

情報コンセント(LANケーブル)も設置してもらい、パソコンもOKな環境です。
足元にはACコンセントを設置してもらうので、
小型のオイルヒーターを置いて寒い時も暖かく仕事ができます。


それから、客間も兼ねています。

実家の父ちゃん母ちゃんとか友達とか気を許せるお客さんは、リビングでくつろいでもらいますが、
気を使うお客さんの場合は、寝室との間仕切りを締めて和室へ...。

ちょっとお茶出しが遠いですが、まあ仕方ないでしょう。

友達とかお客さんが泊まる場合は、和室に泊まってもらう予定です。

トイレへのアクセスも良いので、お客さんが夜中にトイレに起きた時も、
私たちに気兼ねなくトイレに行けます。
また、平面図にはありませんが、浴室(トイレの隣)も同様にアクセスが良く、
風呂上がりに寝室に直行できます。


ウッドデッキ側(平面図下側)には、掃きだし窓なので、
ウッドデッキからの庭を眺める事もできます。


こんな感じで、ウチの和室は書斎客間を兼ねた、
ユーティリティスペースになっています。

コメント

*あらためて

間取りの記事にさかのぼり、間取りを観察させていただきました。
平屋ならではの贅沢な空間の取りかたと、動線が羨ましいです。
よく考えられてるなぁ。。。

*

いろんな目的で使えるお部屋、大活躍しそうですね!

気を遣うお客さんを通す、客間として使えるっていうのが、特にいいなぁ。
リビングが多少散らかっていても、すぐにお通しできますもんね!
しかもウッドデッキに続くとは、贅沢なお部屋ですね♪

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*>スプースさま

ありがとうございます。

当初、自分の中で、平屋の案はまったくなかったので、
建築士さんにすごく感謝しています。

生活動線も、いろいろ考えましたが、まだ自信がない感じです。

実際に住んでみると気づかなかった不都合が発覚するんだろうなぁ。
とも思いますが、そこは自分達の応用力でカバーしようと思っています。

今後ともブログをチェックしていただいて、
気づいた点などのアドバイスをお願いします。

*>かるがも母さま

コメント&リンク追加ありがとうございます。

そうですね。リビングが多少散らかっていても、
急な来客に直ぐ対応できるところが気に入ってます。

でも、和室だけはキチンとしておかないと...。

あと、「コチラへどうぞ~。」ってお客さんを和室に案内して、
「げっ!!間仕切り閉めんの忘れてた~っ!!」ってなりそうです。

またコメントをおねがいしま~す。

*

和室の配置、よく考えられていますね。
私も最初、和室はリビングの一部兼客間として
玄関から直接和室に行けて、間仕切りでひとつの部屋になり、
かつ普段はその間仕切りを開けておくとリビングの一部になるよう
配置を考えていましたが・・・
結局、薪ストーブをつけることになり、ストーブ中心で考えていくと
狭い敷地では間取りの自由度がなくなるので断念してしまいました。
うまく和室を配置できているさすけねっすさんがうらやまし~。

*>ゆうさんさま

薪ストーブを入れると決めると、
やはりストーブ中心の間取りになりますね。

ウチは、寝室と和室をストーブの熱で温めるのは難しそうなので、
どちらかというとストーブ中心ではないかもしれません。

でも、和室をいろいろな使い方ができるので気に入っています。

間取りは、あっちを建てればこっちが建たずになって、
本当に難しいですね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/64-c5a57159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。