データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 「まきストーブの灰からセシウム」のニュース
Homeスポンサー広告被災者ブログ>「まきストーブの灰からセシウム」のニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まきストーブの灰からセシウム」のニュース

2012.01.19 Thu

いま、ブログを更新しようと思って、パソコンを立ち上げたら、
Yahoo!のニュース欄のトップに...。

まきストーブの灰からセシウムnew!

って、おい!!

放射性物質が付いた物を燃やした灰の放射線量が、
燃やす前よりも高くなるってのは知ってたんだけど、
実際、ニュースの記事にされるとショックだよね。



日経新聞の記事によると...。

福島県二本松市の民家で使っている薪ストーブの灰から、
1kgあたり43,780ベクレルのセシウムが検出された。

と環境省が発表(1/19)しました。

これはこれでショックなんですが...。



排煙による被爆量を試算。
6ヶ月間使用して出る排煙による被爆量は、1年あたり0.001マイクロシーベルト。

環境省は「ほとんど無視できる値」としている。

このニュースは、薪ストーブの煙から放射性物質が出ても、
「ほとんど無視できる値」って事は、ちょっと安心。



環境省からの通知では、
薪ストーブで燃やした灰は、市町村が一般廃棄物として処理すること。
畑に蒔かずに、ビニール袋などに入れて、人が近寄らないように保管すること。
1kgあたり8,000ベクレル超の場合は、国が処分する。

ということを周知するように求めているらしい。

そりゃそうだよね。
人が近寄らないようにして、ゴミの日に出すまで隔離して保管だよね。

って思ったんだけど...。


灰が入ってる袋を、ゴミ収集車のグイングインする機械で巻き込んだら、
バフッ!!って破れて、
間違って吸い込んだら、ごみ収集の人がヤバイんじゃねぇかなぁ。

薪ストーブユーザーが自分でゴミ処理場に持って行って、
「薪ストーブの灰なので、気をつけて扱ってください。」って伝えて、
適切な対応で処分してもらった方が、お互いに安全だと思うな。


そんな事を言っても、お役所はそんな事まで考えないか...。



まあ、そんな訳で、薪ストーブの灰からセシウムが出るそうです。



林野庁では、
「加熱調理用の薪は、放射性セシウムの濃度が40Bq/kg以下のものを使用する事。」
と指標を出しました。

この事について思う事もいろいろあるんだけど、
それを書き出すと、さらに長くなっちゃうんで...。

今日はここまで。

ああ、まいったなぁ。

「セシウムに負けるな~っ。」っつって
↓ポチッ応援のクリックお願いしま~す。m(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

コメント

*

このニュース、薪ストーブユーザーとしては
(まだこれからですが)被ばく量の値がいくら
低いといえ、気になりますよね。
どこまでも広がる放射能汚染・・。
終息はまだまだ先ですね。

*

う~ん。やっぱりですか…。
あんなに沢山あった木が、たったコレだけの灰??ってくらい
少なくなっちゃうので、随分濃縮されるだろうとは思っていましたが。。

うちも畑には捲かずにゴミで出そうと、ゴミ袋に積めこみ中です。
確かに、収集車でばふっとなりそう…。
ストーブの灰を灰入れに移す、灰入れからゴミ袋に移す時も、
ばふっとなります…。
気をつけて取り扱いして、焼却場に自分で持っていった方がいいですね。

*>ハーモニーさん

灰になると、放射性物質が濃縮されるみたいですね。

薪ストーブの炉内でピザとか、焼き芋とか。

ウワァ~ッ!楽しみにしてたのに~っ。

ためらいますが、ちょっとなら大丈夫ですよね。たぶん。
1シーズンに何回かはやりたいなぁ。

*>umekaさん

やっぱり灰を袋に入れる時は、灰が舞っちゃいますか。

いくら気を付けていても、多少はバフってなりますよね。

自分で処理場に持って行けば良さそうですが、
結構、それも面倒になってきそうですね。

ゴミの日に出すとすれば、水を掛けて湿らせて、
泥みたいにしてから出すとか、配慮が必要ですね。

早く、こんな心配しなくて良い日が来ないかなぁ。

*

とおりすがりで失礼します。

今日、こんなニュースが出てましたよ。
出元はすぐに消えてしまったのでよその方のブログですが・・
今後どうなってしまうんでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/5771391.html

*>みっちさん

コメントありがとうございます。

今度の原発事故では、フタを開けてみれば、
国が発表する事と違う事ばかりですね。

まるっきり信用しないで神経質になりすぎるのもヤバイですが、
かといって、ぜ~んぶ信用できるわけでもない。

その辺りが難しいですね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/392-6864ef5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。