データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 ドブレ760CBがいいか?
Homeスポンサー広告薪ストーブ>ドブレ760CBがいいか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドブレ760CBがいいか?

2010.12.22 Wed

昨日は見積もりを取りに行って、煙突の相談をしてきた事を書きました。

今日はどの機種の見積もりをお願いしてきたか。

です。



薪ストーブ屋さん(株式会社カヨウさん)では、ヨツールのF500に火が入れられていました。

ヨツールF500


気になっていたのは、触媒型(コンバスター機)でないと朝まで熾きが残らないか?って事。

朝、起きたときにストーブに熾きが残っていて暖かいといいなぁ。
ってのが、最近の私の希望。

結論は、

触媒型のストーブでなくても熾きは残る。

のだそうです。

触媒型のアンコールを使ったこともあるし、非触媒型のストーブも使った事があるけど、
結局、空気を絞って燃焼させれば、朝まで熾きは残るのだそうです。
空気を絞っても、クリーンな煙を排出しながら燃やせるそうで、特に問題ないそうでした。

んじゃ、やっぱ非触媒型なんでね?

触媒型のウリは、「燃費の良さ」だから、売り込むネタとして、
「朝まで熾きが残りって、朝起きたときに暖かいですよ。」ってのを
前面に出してるらしいのです。(他にもウリはあるけどね。)

特に触媒型ストーブに気に入った機種がないのであれば、
造りがシンプルな非触媒型を薦めているそうです。



ストーブ選びで大事なポイントの1つに
「どんなストーブの使い方、楽しみ方をしたいか」があります。

・炎を楽しみたい。
・料理をしてみたい。
・部屋を温めたい。

などなど...。

人によっては違ってきますね。

私の場合は、「料理がしたい。」のです。

「ダッチオーブンを使いだいですけど。10インチだったらどれが良いんですか?」
ダッチオーブン

なんて、福島弁丸出しで聞いてみちゃいました。

「う~ん。いま燃やしてるヨツールF500あたりいいんじゃない。」
「まあこのクラスの大きさが使いやすいよ。」
「あんまり小さいと使いにくいね。」


って事でした。

「ドブレ640CBが良がったんですけど...。」ドブレ1

と言うと、

「やってやれない事はないけど、10インチのダッチオーブンにはちょっと小さいかな。」
「コンボクッカーなら良いかもしれないけど。でも、ちょっとギリギリかな。」

コンボクッカー

「ダッチオーブン料理は熾きを使うから、小さい機種だと厳しいんだよね。」
「暖房面積で選ぶと大きすぎても、料理する時は大きい機種がいいね。」


とアドバイスを頂きました。

「バリバリやります?」

と聞かれたので、「いえ。ちょっと、たまに。」と答えると、

「んじゃあ、ドブレの640CBでも大丈夫かな。」

そうですか...。

「では、ドブレ640CBで見積もりをお願いします。」



今週中には見積もりが届く予定です。



でも、「ダッチオーブンでバリバリ料理しだいです。」なんて言うと、
バリバリやってる人から見たら「え~っ、たいしたことないじゃん。」
なんて思われると恥ずかしいから、「いえ。ちょっと、たまに。」なんて言っちゃったけど...。



やっぱ、結構、やりたいかも...。

1つサイズが大きいドブレ760CBがいいかな。

とりあえず見積書を見てからにしよ~っと。

コメント

*

こんばんは。初めまして
我が家は初めて薪ストーブ導入予定なんです。
わからないことだらけなので、参考にさせてください。
リンクもらっていきます!

*

コメントありがとうございます。
参考になれば嬉しいです。

私も素人でわからないことだらけですが、
いろいろと見たり聞いたりした事をUPしていきますので、
今後ともチェックをお願いします。

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*Re: 760使っています。

コメントありがとうございます。
760CBを導入しようと思っているので、すごく参考になります。

朝の熾き火の心配もなくなりました。

煙突の煙も、ストーブの温度が上がれば気にならないんでしょうか。
薪は1シーズンどれくらい使いますか?

よろしければアドバイスをお願いします。

*薪の量

760、我が家の宝物です。子供も妻も毎日ストーブの前でごろごろしています。これなら反抗期になってもコミュニケーションはとれそうです。
さて、薪の量ですが、昨年初めてのシーズンはほぼ4立方メートルでした。
1立方メートルで配達料込み21000円でしたので、結構かかります。
しかし、主暖房でそれ以外はほとんど暖房費がかかりませんので、やや贅沢と言ったところでしょうか。灯油台に一冬どれ位かかるか把握していないので比較はちょっと難しいですが・・・
ただ、薪を届けてもらう材木屋さんには、お宅はよく焚く方です、といわれています。ちなみに瀬ノ上にある「斉藤材木店」でストーブの購入、設置、薪とすべてお世話になっています。とてもいいご主人でお勧めです。
メンテナンス、薪、いろいろ考えたときにハウスメーカーでは郡山の業者さんを進められましたが、地元にこだわりました。

それから料理のことですが、ドブレの火の美しさ(言葉に出来ないくらい)の秘密は火室内の斜めの天板にあります。これがある意味火室を狭くしていますので、ダッチオーブンには少し難点になるかもしれません。コンボクッカーとういのはよく見かけるアドバイスですね。
天板はお湯が沸く程度です。昨日も牛すじの煮込みを作りましたが、煮込み料理には十分な火力で、遠赤のせいかおいしく感じます。

煙突の煙は、全くと言っていいほど問題ありません。炊き始めに白い煙とにおいが出ますが、すぐにほとんど見えなくなります。近所からクレームが出たこともありません。

燃費は触媒に比べるとわるい野かもしれませんが、家の構造や使い方、何を重点に置きたいか(ドブレは炎)などで決まってきますので、そこを気にする必要はあまりないと思っています。

私も相当悩みましたので、なにかお役に立てれば幸いです。

でも、この天気で薪を運んでくるとか、たき付けを割るとか、スローライフはそれなりに大変です・・・・

*Re: 薪の量

コメントありがとうございます。
薪ストーブライフいいですね。

我が家では、ストーブ屋さんは郡山の老舗ストーブ屋さんになる予定です。

薪の量、参考にさせていただきます。
私の家でも、一冬に消費する灯油の量とか、把握していないのでわかりませんが、
薪を購入すると、大体8~9万円といったところでしょうか。
今のところ、薪は、流木の無料配布や果樹園などからゲットする予定で、
なるべく無料で行きたいと思っています。

アドバイスを参考にさせていただいて、
我が家でも楽しい薪ストーブライフを送れるようにしたいです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/33-bc3ccc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。