データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 LED蛍光灯が気になるぅ~。
Homeスポンサー広告リビング>LED蛍光灯が気になるぅ~。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED蛍光灯が気になるぅ~。

2011.06.18 Sat

リビングとキッチンの照明を考え中の我が家。

LED照明を導入したいなぁ。
と考えていますが、これがなかなか難しいようです。

カタログでLED照明を見ていくと、
ほとんどがスポットライト
LEDスポットライト

ダウンライトばかり。
LEDダウンライト


リビングとキッチンは勾配天井なので、選ぶのはスポットライト。

んだげんちょ、(福島弁:だけど、)
何個も付けねぇど、明るぐなんねんじゃね?

何個も付けるってことは、費用UPですよね。

単体価格が高い+個数UPのダブルパンチじゃ~ん。

やっぱり「蛍光灯には敵わないのかな。」って、ちょっと心が折れる。


しか~し!!
LED蛍光灯ってないの?

ってわけで、検索したら...。

あるじゃ~ん。
LED蛍光灯
でも、LED蛍光灯って最先端的なヤツなんですね。

最先端には絶対に解決されていない問題がある。

ってのは、パソコンにしても家電にしても経験済みなので、
チョペッと調べてみた。

LED蛍光灯の選び方 早わかりQ&A

メリット、デメリット、いろいろありますね。


LED電球だと電球色があるので、比較的、暖かい感じを出せそうですが、
LED蛍光灯には普通の白い明かりしかないみたい。

あとは、初期投資と費用対効果とか。
何年ぐらいで元が取れるんだろう。

40,000時間の長寿命!!
って言ってるけど、周りの器具の耐久性は40,000時間もあるのか。
周りの器具が壊れたら「長寿命」の意味がないもんね。


いろいろ問題はあるけど、
蛍光灯って広い範囲を照らすのには良いんだよな。

やっぱりLED照明って難しいのかな...。

パナソニックのショールームとかに行って話を聞いてみようか。


もう少し悩む必要ありですね。

「LED蛍光灯って気になるぅ~。」っつって
↓ポチックリック&応援おねがいしま~す。m(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

コメント

*

おおっ!!LEDの蛍光灯があるんですね。
知らなかった~!!

ウチもLEDはダクトレールに取り付けるスポットライトを
設置する予定です。
スポットライト自体は安いのですが、リモコンで調光出来る
タイプのLED電球をつけるのですが、これが高い!!
一つ五千円以上します・・・、悩み中です。

*

同じ悩みでした~。
LED、まだ発展途上のようだし、器具はやたら高いし…。
で、電球自体も、W数の高いものがないんですよね…。
せいぜい白熱球40Wの明るさ。
ってことは、数が増えてしまう。→予算きびし~

玄関のセンサー式ライトだけは、LED器具で。
スポットライトは、器具は白熱球用の安いのに、LED電球をつけます。
トイレや廊下もそれほど明るさがいらないので、白熱球用の器具にLED電球。

結局その他の居間やダイニングなど明るさが必要な場所は、蛍光灯が多くなりました。
一応、後でもっとW数の高いLED電球が出てきたら、それに取り替えようかと考えてます~。

*

うち…勾配天井だらけですが、ダウンライトの予定です(*^_^*)
なんか勾配用ダウンライトっていうのあるみたいでした!!!
うちのあいかたがダウンライトフェチなもんで…(^_^;)
掃除が楽だって^m^

でも所々アクセントでペンダントっていう感じにしようかと…。。。
ほんと悩みますよね!

*>ゆうさんさま

LED蛍光灯は最近出てきたみたいです。
まだまだ過渡期ですね。

やっぱりスポットライトになりますか。
LED照明は1個あたりの単価が高いですよね。
普通の電球タイプにしておいて、電球交換の時にLEDに切り替えようか。
なんて作戦も考え中です。

*>umekaさま

やっぱり同じですか。
「数が増える→予算がかさむ」って方程式はしばらく崩れなさそうですね。

LEDに取り替えられる照明を選んでおく事が現実的なんでしょうか。

むぅ~。悩みますね。

*>YOUさま

ダウンライトは掃除が楽ちんってイイですね。
掃除が楽なのは良いなぁ。

アクセントは必要ですね。
どうしよ~。悩むなぁ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/195-44a0e2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。