データ復旧 HDD復旧 さすけねっす造園 原発と日本人-100人の証言
Homeスポンサー広告被災者ブログ>原発と日本人-100人の証言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発と日本人-100人の証言

2011.05.01 Sun

最近、写真週刊誌の増刊で、震災関係の本があると、
なるべく購入するようにしています。

何年後、何十年後になるかわからないけど、今の事を振り返る時が必ず来るから。

写真週刊誌

写真を見るたびに、言葉を失います。

そして、どの雑誌を見ても思う事は、
福島県内の写真や記事が少ない。

新地町、相馬市、いわき市などの避難区域、屋内退避区域の外でも、
岩手県や宮城県と同じように津波の被害があったのに、そういった記事が少ないんです。
原発の記事は多いんですが、周辺の津波の被害の記事は、とても少ないな。と感じます。

そんな中で、最近読み始まったのが...。

原発と日本人-100人の証言
この本は、被災者の方々が語る言葉がそのまま載せてあります。

自分と似たような考えや意見を持っている人には共感し、
まるっきり違っている考え方や捕らえ方には、そう言う見方もあるんだな。
と、いろいろな事を考えさせられます。

原発と日本人
原発と日本人 2011年 5/15号 [雑誌]

原発の地元で、自分の意見をこの本に提供した人は勇気があるな。と思いました。
その人の周りの人の何人かは、この本を手にするだろうし、
反対の意見を持っている人に、怒られたりするかもしれないし。
そう言う事を含めて発言に踏み切る勇気を尊敬します。


一昨日、東京電力の副社長が、飯舘村や川俣町の計画的避難区域の人たちに謝罪に行ったそうですね。
毎日新聞のニュース

飯舘村は原発の交付金も何もなく、被害しか受けていない。
村を元の状態に戻して、原発は福島から撤退してほしい。


という意見があったようですが、飯舘村に限らず、周辺の市町村や、
原発から離れた地域で、風評被害にさらされている人たちは、
そう思っている人が多いはず。


被災者100人が語る、それぞれの言葉は、テレビやニュースで取り上げられるような
センセーショナルな言葉ではありませんが、とても強く胸を打ちます。

機会があったら読んでみてください。

「よしっ。読んでみよう。」っつって
クリック&応援おねがいします。m(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

コメント

*

ほんとにね・・・・
交付金もなく、被害だけ受けた人の数は相当に登るはず。
安全神話が崩れたのですから、
一から考え直しするべきだと私は思っています。

*>はじめさま

安全神話は崩れ去りましたね。
今、最も心配なのは浜岡原発です。
これから発生するであろう東南海地震の震源に最も近い原発。
もし東京電力福島第1原発の二の舞になれば、
都心や名古屋など、中枢都市への影響は相当なものだと思います。

福島は起きてしまった事なので、これからの補償をしっかりやってもらうとして、
まだ発生していない危機に対しては充分な対策をしてほしいです。

*

私も思わず買っちゃいます。
福島民報社から出てる「東日本大震災 ふくしまの30日」は、
県内のことが多く載ってるし、震災翌日からの新聞記事も載ってていいですよ。

*>snowさま

ああ!!
「東日本大震災 ふくしまの30日」欲しかったんです。
ネットで取り寄せてみようかな。

ウチは福島民友(みんゆう)なので、最初は知らなかったんですが、
どっかで民報の新聞の下のほうの広告を見て、買わないとって思ってました。

今度、ゲットして、ジックリ読んでみたいと思います。

*

私も、原発はいらないと思ってます。
たとえ地震や津波対策ができたとしても、
もしテロの飛行機が原子炉に突っ込んできたら…とか考えたら、
絶対安全なんてありえないと思うのです。

私が尊敬する知り合いのブロガーさんで、
福島の問題をとても真剣に考えておられる方がみえます。
彼は、「こちらのデモに参加します」と言ってみえました。
↓野菜にも一言いわせて!さよなら原発デモ
http://beingb.com/yasaidemo/
↓STOP!浜岡原発。
http://stophamaokanuclearpp.com/

こういう、行動力のある方って本当にすごいなと思います。
今まで原発について何の関心も持たず、
安易にオール電化を選択してしまった自分を恨んでます(T_T)

*>onsixさま

いやいや、オール電化でも仕方ないですよ。
国や電力会社は、ひたすら安全だと言っていたんですから。
私たち消費者は、それを信じるしかないですしね。

これから、じっくり様子を見て、設備が壊れた時に、入れ替える設備を選ぶしかないですね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sasukene821.blog137.fc2.com/tb.php/151-bdc664cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。